NEWS

CBD関連の用語解説

当社の取り扱い商品「HomeosOneシリーズ」に関わらず、CBDオイル製品は麻を加工した製品のために様々な誤解を受けることがあります。
株式会社CloudNine(クラウドナイン)のHomeosOneシリーズは、日本に正規輸入されている安心・安全で合法な製品です。
カプセルシリーズに関しては国内GMP工場で製造されています。

しかしながら、CBD関連の用語には、難しかったり混同しやすかったりするものが多く、本当に大丈夫なのかな?と思う方が多いのも事実です。
ここでは、CBD関連の用語を一部ピックアップして、簡単に解説していきたいと思います。

■CBD(カンナビジオール)
CBD(カンナビジオール)とは、産業用大麻(ヘンプ)の成熟した茎から抽出されるカンナビノイド(アサに含まれる特有の化学物質)の一種。
THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)のような精神を活性化させる作用はないので、安心・安全で合法なものです。

■THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)
マリファナの主成分で精神作用をもたらす。
米国の多くの州や欧州のいくつかの国々では合法化されているところはありますが、日本国内では違法であり禁止されています。

■CBDオイル
CBD(カンナビジオール)を主成分にしたオイル。
茎と種子由来のものなので日本では合法です。
HomeosOneシリーズは、このCBDオイルの製品です。

■カンナビスオイル
麻、大麻草のことを学名で「カンナビス・サティバ」と呼び、この葉や花から作られたオイルが「カンナビスオイル」です。
カンナビスオイルはTHC成分を含んでいるため、日本では全面的に禁止されています。

■ヘンプシードオイル
産業用大麻(ヘンプ)の実から製造された、オリーブ油やココナッツオイルと同じ植物性の油で主に食用や美容目的で利用されています。
CBD成分は含まれていません。

■産業用大麻(ヘンプ)
米国や欧州では、主に繊維や油を目的として品種改良して認められたものを産業用大麻(ヘンプ)あるいは産業用ヘンプと呼びます。
ヘンプには精神作用を持つ成分であるTHCはほとんど含まれておらず、世界中で合法的に栽培や利用が認められています。
日本国内においても特区が設けられ、神事などのしめ縄などに用いられています。

■医療用大麻
海外において鎮痛作用や抗がん作用などの医療目的で使用される大麻のことを医療用大麻と呼びます。
アメリカではすでに半分以上の州で医療用大麻が認められています。
日本国内においてはTHCが含まれるため、たとえ医療目的であったとしても認められていません。

 

CBDや麻に対する認識や不安、そして誤解を解消するために、いくつかCBD関連の用語をご説明しました。
インターネット上には間違った認識のまま、情報を拡散しているサイトが多々ありますのでご不明な点はお気軽にお問い合わせいただければと思います。

株式会社CloudNine(クラウドナイン)は、皆さまに健康な毎日を過ごしていただけるよう、今後も積極的に役立つ情報を発信していきたいと考えております。
正しい知識を持ち、少しでも疑問や不安が解消され、安心してHomeosOneシリーズをご利用いただければ幸いです。

« »