NEWS

世界中でますます拡大するヘンプCBD市場

アメリカをはじめ世界中で使用されているヘンプCBDは、病気予防やエイジングケアとして多くの人が取り入れ爆発的に市場を拡大しています。

アメリカのヘンプジャーナルによると、ヘンプCBD関連市場は2020年に4億5千万ドル予測(日本円でおよそ500億円)の市場規模になると発表されています。

今後は国内でもヘンプCBDの社会的認知が広がっていくことで、数年後にはエイジングケアとしても当たり前のようにヘンプCBDが利用されるようになってくると考えています。

日本でのヘンプCBDの先駆け企業が株式会社CloudNineです。
ヘンプCBDに対して強い使命感を持っている方や、当社と同じ志を持つ方々が日本全国に続々と誕生してきています。

来年のグランドオープンに向けて、さらにCBD製品のラインナップを拡充し、たくさんの人々にCBD製品をお届けできるよう取り組んでまいります。

« »