NEWS

新着情報

令和元年

2019.05.01BLOG

時代が移り変わり、元号も「令和」になりました。
私たちCloudNineのグランドオープンも令和の年となり、同じくスタートするものと思うと身が引き締まる思いです。

CloudNineのオフィスには「さざれ石」が飾られています。
この会社を創業してしばらく経った頃に、大変お世話になっている方から送られてきました。

「さざれ石」は国歌の「君が代」の詩の中に登場することで有名ではないでしょうか。

さざれ石の巌となりて苔のむすまで

これは「小さな石が成長してやがて大きな岩になり、そこに苔が生えるまで」というような意味になります。

さざれ石はもともと石灰質の小さな石のことです。
この小さな石の間を石灰が雨などによる侵食で溶け出した成分によって小石同士がくっ付くことで1つの大きな岩を形成していきます。
さらに長い年月をかけてその上に苔が生えるまでの過程を「さざれ石の巌となりて苔のむすまで」として、長い年月を現す表現として用いられます。

初めは小さな石でも、やがてたくさんの石が集まり大きな巌になる。
これは国家に限らず、成長している企業やグループなども同じではないでしょうか。

初めは小さな力でも、皆が団結して力を合わせることで大きな力となり、できないと思われたことを可能にしていく。
そうした意味としてよく用いられています。

私たちCloudNineはまだ小さな「さざれ石」ですが、これからも同じ思いの方々のお力をいただきながら、長い年月をかけて苔が生えるまで崩れず、いつかは皆様と巌になれると信じて進んでまいりたいと思います。

CloudNineに出社して「さざれ石」を見ると、そうした気持ちが沸き起こり元気が湧いてきます。
これからも皆様と一緒に大きな巌になれるよう、強い団結をもった理想の企業を目指し成長してまいりたいと思います。

株式会社CloudNine 代表取締役

  • google plusでシェアする
  • lineでシェアする
  • はてなブックマークする